NISSAN

ノート

ノート
ノートの魅力

充電を気にすることなく、どこまでも走れる。電気自動車のまったく新しいカタチです。
世界に先駆ける日産の電気自動車技術が、またひとつ次世代のエコカーを発明しました。
NOTE e-POWER誕生。外部から充電する代わりに、エンジンで発電してモーターだけで走る。
ガソリンエンジン車の感覚で、電気自動車を楽しめる。e-POWERが、またクルマの常識を変えていく。

新次元の「電気」の走り。
2.0Lターボエンジンに匹敵するビッグトルク*1を発揮。e-POWERは、加速の力強さとレスポンスが違います。
発進時から一気に最大トルクを発生するモーター特有の優れた瞬発力により、電気自動車と同様の加速を体感できます。さらに市街地や高速道路での走行中でも、アクセルの踏み増しにレスポンスよく反応。俊敏な走りを意のままに楽しめます。

未体験の「静寂」走行。
モータードライブならではの静かな走行音に加え、
エンジンの最適制御で2クラス上*2の快適性を実現しました。

「未来」の運転感覚。
アクセルペダルだけでワクワク運転。
「e-POWER Drive」。
アクセルペダルを戻すだけでNORMALモードに対して強く減速。渋滞時やカーブの多い道路など頻繁に加減速が必要なシーンでアクセル・ブレーキペダルの踏みかえを減らし、ドライバーの運転をサポートします。

「燃費」の常識を超える。
e-POWERは、“自ら発電する電気自動車”。モータードライブの楽しさと燃費性能の両立を実現しました。
e-POWERは、エンジンを発電専用にしています。燃費に悪影響を与える作動領域を使用しない分、エンジンの作動時間を短縮。さらに、ごくわずかな減速でも回生エネルギーがとれるよう設定。市街地から高速道路まで、あらゆる走りのシーンで優れた燃費性能を発揮します。

*1 最大トルク254N・m(25.9kgf・m)/0-3008rpm。自社の2.0Lターボエンジンとの比較。
*2 走行時の騒音基準が2クラス上、e-POWER MEDALISTのみ(2016年9月現在 日産調べ)。


ページトップ